9月7日金曜日、4年生はの5.6時間目を使って学年イベントを行いました。

今回は沖縄市にある『沖縄こどもの国』さんの『出前科学教室』のスタッフの方にお越し頂き
空気のふしぎについて学びました。

実験ショーではこども達が積極的に手をあげて答えたり、
実験に参加したりする姿がとて もアミークスらしいな~(^-^)と感じました!

『このビニールの袋を早くふくらませる 方法、わかるかなぁ~?』

大きな風船が登場!!触りた~い!

ブロワーの力で巨大風船もペットボトルも浮かぶ。
なぜ、浮かぶのか… スタッフの方にとっても楽しく説 明してもらい、
子ども達だけでなく参加した保護者方も実験ショーに見入っていました。

『さて、これが何かわかる人~?』

そう、空気砲ですね!でも今回はすごいんです!!『沖縄こどもの国』さんが沖縄県で一番大きな空気砲を持って来てくれました!
みんな興味津々♪

空気砲から空気が発射された途端

空気は外側から内側に回転しながら出て来ている事を目で見て学びました。

触りたくてたまらないこども達!(笑)

そして空気砲の作り方も教えて頂きました。とにかく楽しい実験が続きます♪

今からこの巨大な袋に入ります。

空気が温まるとどうなるのか、こども達の体温を使って実験です。
3クラスの全員が袋に入りきったら、袋の口を閉じ15歩、歩きました。
袋はみるみるうちにパンパンに!空気は熱で大きくなる事を学びました。

「外は涼しい〜!!」

いっせーの、の合図でみんな袋を破って出てきました!もちろん大興奮!
一緒に袋の中に入ってくれた先生、有難うございました!

さて!ここからは保護者が科学の先生に大変身♪♪

『風船ロケット』が遠くに飛ぶには何が必要で、どういったバランスが良いのか。
ハネの付け方で飛び方が変化する事を説明をしながら、みんなでロケット作りをしました。

出来上がったら早速みんなで飛ばしてみましょう! 誰の風船ロケットが一番遠くに飛ぶかな~♪

みんなの風船ロケットすごくキレイ!

まっすぐ飛ぶ風船ロケット、回転しながら飛ぶ風船ロケット。
みんなそれぞれ飛び方も違 くて「○○のはすごいよ!たくさん回転してた!」
「僕の遠くまで飛んでよかった!」と いう声に対して「なんで?私の作ったのとどこが違うの?」と、
こども達自身で疑問を持 ち、その答えを知ろうとする。
「いいぞ~!良い感じだぞ~!(^_^)」とニヤニヤしてし まいました。
今回も保護者方のご協力と先生方のご協力でイベントを成功させる事ができました!
前もって講習会に出てくださった保護者の皆さん、先生役を引き受けて下さったお父さん 方、
当日急なお願いだったのにも関わらず、こども達の輪に入ってサポートして下さった 保護者の皆さん、
施設の予約や準備をして下さった先生方、有難うございました!

そして、沖縄こどもの国のスタッフの方々本当に有難うございました!